スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡潔な文章が好きな人に 
2005.06.10.Fri / 18:29 
usotsukianya.jpg
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 米原真理 2001

これで一気に米原真里のファンになってしまいました。
ここに感じられる筆者は、飾り気がなく率直で、センチメンタルです。
仲のよかった小学校時代の友人を探し出して再会するお話。ほほえましい思い出と、舞台となる東欧の政変事情から、ひとりの人間を内面から明らかにしていこうとする構成は見事。子供の頃合点のいかなかったことが、年月を経てひとつの真実にいたるくだりは圧巻です。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト簡潔な文章が好きな人にのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★★★★☆星4つ半です。<<コミュニストの子>>「コミュニストの子」という言葉をご存知ですが?。コミュニストとは、共産主義者のことですね。実際のところ、共産主義の定義は幅広いので、ひとことに『くくる』行為は、望ましくないのですが、まぁなんとなくイメージは
2005.06.18.Sat .No2 / ?? / PAGE TOP△

<<ヨーロッパ的なモノ>>★★★★☆☆四つ半です。はっきりいって、かなりの名作です。この作品は、1960~5年(5年間)プラハでのソビエト学校(共産党幹部の子弟が集うインターナショナルスクール/いまでいうアメリカンスクールのロシア版)での体験記。小学生であっ
2005.06.18.Sat .No1 / ?? / PAGE TOP△

プロフィール

Shino

  • Author:Shino
  • 1976年生まれ ♀
    埼玉県在住
    都内勤務

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 アンテナ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。