2005年08月の記事一覧
≪07month
This 2005.08 Month All
09month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あしびなぁ 
2005.08.30.Tue / 18:02 
seasa.jpg
先週行った、沖縄料理のお店にて。
シーサーの雄は大きな口で幸せを呼び込み、雌はその幸せをつかんで逃さないように口を閉じているのだそうです。
スポンサーサイト
観光地としての日本 
2005.08.27.Sat / 02:06 
美しき日本-大正昭和の旅

8/30~10/16 東京都江戸東京博物館
束の間の平和を迎えた大正から昭和の時期、日本の交通網は発達し、観光地が整備されました。大正元年には観光協会が設立され、海外への誘致活動も行なわれるようになり、観光客は海を渡ってやってくるようになりました。自然や伝統文化の美がセールスポイントになり、盛んに宣伝されたのです。版画やポスター、郷土の名産品など、約600点の資料から日本の「美」と「旅」に迫り、当時の観光ブームの背景と展開を取り上げます。
オススメです。
幽霊ファンタジー 
2005.08.23.Tue / 16:58 
goast.jpgゴースト/ニューヨークの幻 GHOST 1990 米

監督:ジェリー・ザッカー
出演:パトリック・スウェイジ デミ・ムーア ウーピー・ゴールドバーグ

泣かせるラブストーリーでありながら、サスペンスでもありファンタジーでもあるという、なかなかお目にかかれない作品。そのうえ、インチキ霊媒師に扮してひときわ存在感を放つウーピー・ゴールドバーグが笑わせてくれます。
このときのデミ・ムーアは、綺麗でかわいかったなぁ。
少年たちの冒険 
2005.08.22.Mon / 16:54 
goonees.jpgグーニーズ THE GOONIES 米 1985

監督:リチャード・ドナー
出演:ショーン・アスティン コリー・フェルドマン キー・ホイ・クァン ジェフ・B・コーエン

開発迫る港町。立ち退きの日が近づく中、悪ガキ集団グーニーズは宝探しの冒険に出かけます。
なんといっても、少年たちの演じる個性あふれるキャラクターが秀逸です。そしてテンポのいい会話に、いたずら心あふれる数々の楽しい仕掛け。子供たちのワクワク感が伝わってくる、爽快で楽しい作品です。
ビクトリアの名台詞! 
2005.08.22.Mon / 16:46 
「バジル氏の優雅な生活」 坂田靖子

あなたには運なんかいらないわ
運以上に友達を持っているもの!
友達を持ってる人は何もいらないのよ
名古屋 
2005.08.18.Thu / 00:55 
清水 義範

1947年生まれ 名古屋出身
大衆向けの娯楽作品で多くの読者を魅了している売れっ子作家。ダジャレから知的な笑いまで、ユーモアと好奇心を駆使して展開する独自のパロディ世界は、痛烈な社会風刺と人間への温かなまなざしにあふれています。
麻雀をたしなむ人であれば「蕎麦ときしめん」に収録されている「三人の雀鬼」は抱腹絶倒間違いなし。ミスターのファンであれば「国語入試問題必勝法」中の「いわゆるトータル的長嶋節」が楽しめるでしょう。
名古屋ネタ多し!

< 著作 > ※ほんの一部です

「バードケージ」 2004
「おもしろくても理科」 1996
「神々の午睡」 1992
「スシとニンジャ」 1992
「ビビンパ」 1990   
「虚構市立不条理中学校」 1990
「金鯱の夢」 1989   
「永遠のジャック&ベティ」 1988
「深夜の弁明」 1988   
「国語入試問題必勝法」 1987   
「蕎麦ときしめん」 1986

時間はないけど名古屋を知りたい人は、以下へジャンプ!※音つきです
http://fukukou0426.hp.infoseek.co.jp/net/nagoya.swf
みずみずしい感性 
2005.08.18.Thu / 00:54 
谷川 俊太郎

1931年生まれ 東京出身
翻訳、作詞、脚本などで活躍する、現代を代表する詩人の1人。
スヌーピーでおなじみの「ピーナッツ」、レオ=レオニの「スイミー」「フレデリック」をはじめ、訳書は数知れず。中でも「マザーグースのうた」は、原文のブラックユーモアと歌うようなリズムを損なわずに訳した名作。作詞には、鉄腕アトムの主題歌や「月火水木金土日のうた」などがあります。近年では、音楽家である長男との共作であるネスカフェのCM「朝のリレー」が評判になりました。
比類のないみずみずしい感性と、常に新しい試みにチャレンジし続ける意欲的な姿勢に脱帽です。

< 著作 > ※ほんの一部です

「六十二のソネット」 2001年
「モーツァルトを聴く人」 1994年
「世間知ラズ」 1993年
「これが私の優しさです」 1993年
「日々の地図」 1982年
「クレーの絵本」 1979年
「かみさまへのてがみ」 1978年
「ことばあそびうた」 1973年
「世界へ!」 1959年
「空の青さをみつめていると」 1968年
「愛のパンセ」 1957年
「愛について」 1955年
「二十億光年の孤独」 1952年
いい作品を撮る監督 
2005.08.14.Sun / 21:09 
ラッセ・ハルストレム Lasse Hallstrom

1946年生まれ ストックホルム出身
彼が描くのは、平凡な人間、厳しく辛い現実、地味な日常生活。そこから強く感じるメッセージは、生きることの尊さ、素晴らしさ。派手な見せ場や洒落た会話はなくとも、引きこまれるストーリーがあります。観終わった後、人生に対して前向きな気持ちになれるのも特徴です。

< 監督作 > ※一部です

「シッピング・ニュース」 2001
「ショコラ」 2000
「サイダーハウス・ルール」 1999
「愛に迷った時」 1995
「ギルバート・グレイプ」 1993
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」 1985
「アバ/ザ・ムービー」 1977       
肩の力を抜いて 
2005.08.14.Sun / 20:59 
超・誘拐入門  清水義範  1989

いつもつるんでいる鉄平と潤一の2人は、ひょんなことから知り合った中年紳士に誘われてある企てに加わることになりますが、とんでもないことにそれは誘拐の計画でした・・・。
サラリーマンの哀切と社会への風刺をさりげなく織りこんだ、ユーモア満載の痛快犯罪小説。漫才コンビのような主人公のかけあいの楽しさ、テンポのよさに、マンガ感覚でひと息に読んでしまえます。
野性の人 
2005.08.14.Sun / 20:28 
ヴァル・キルマー Val Kilmer

1959年生まれ ロス出身
B級映画が多いけれど、ヒット作でも重要な役を巧みに演じています。デ・ニーロと並んでも影が薄くならないあたり、実力の深さを感じます。野性味のある風貌のせいか、上品な役、知的な役をやっているのを見たことがないけれど、それが彼の魅力なのかもしれません。

< 出演作 > ※一部です

「セイント」 1997
「D.N.A.」 1996
「ゴースト&ダークネス」 1996
「バットマン・フォーエヴァー」 1995
「ヒート」 1995
「トゥームストーン」 1993
「ドアーズ」 1991
「ウィロー」 1988
「トップガン」 1986
アウトロー 
2005.08.14.Sun / 20:20 
ショーン・ペン Sean Penn

< 出演作 > ※ほんの一部です

1960年生まれ カリフォルニア、サンタモニカ出身。
性格俳優としてキャリアを重ねてきた実力派。
脚本や監督なども手がけ、総じて高い評価を得ています。
実生活でもたびたび警察の厄介になった過去がありますが、スクリーン上でもアウトローを演じることが多く、その場合はすべてがハマリ役と言っても過言ではありません。
彼の演じる、斜に構えたキャラクターがとても好きです。

主な出演作:「ザ・インタープリター」 2005
        「ミスティック・リバー」 2003
        「アイ・アム・サム」 2001
        「ギター弾きの恋」 1999
        「シン・レッド・ライン」 1998
        「ゲーム」 1997
        「シーズ・ソー・ラブリー」 1997
        「デッドマン・ウォーキング」 1995
        「クロッシング・ガード」 1995
        「カリートの道」 1993
女性に人気 
2005.08.14.Sun / 17:46 
江國 香織

1964年生まれ、東京出身
やわらかくあたたかい、光を感じさせる文体が心に残る人気作家。随筆家を父にもち、詩を学んだ経験もあるせいか、繊細なまでの日本語感覚をもっています。音やリズム、表記にいたるまで、言葉の美しさが際立ちます。下記はすべて小説ですが、エッセイや訳書も多く出しています。

< 著作 > ※ほんの一部です

「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」 2000   
「すみれの花の砂糖づけ」 1999   
「冷静と情熱のあいだ」 1999   
「神様のボート」 1999   
「すいかの匂い」 1998   
「落下する夕方」 1996   
「流しのしたの骨」 1996   
「なつのひかり」 1995   
「ホリー・ガーデン」 1994   
女性におすすめ 
2005.08.14.Sun / 17:21 
乃南 アサ

1960年生まれ 東京出身
巧みな心理描写、またその緻密さが身上。映像化されている作品も多いので、本を読んだことのない人でも知っている話があるかもしれません。嫉妬や孤独といった感情を、さまざまな形でエネルギーとして描いているのが印象的。奇抜なトリックもなく、ありふれた日常の中に展開するドラマがリアルです。

< 著作 > ※ほんの一部です

「涙」 2000
「鎖」 2000
「不発弾」 1998
「ボクの町」 1998
「ドラマチック・チルドレン」 1996
「風紋」 1994
「再生の朝」 1994
「パラダイス・サーティー」 1992
「水の中のふたつの月」 1992
「鍵」 1992
「6月19日の花嫁」 1991
「幸福な朝食」 1988
優しい時間 
2005.08.14.Sun / 16:37 
小倉 遊亀

1985 - 2000年。滋賀県大津市出身。
文化勲章など数多くの賞を受けた女流日本画家。
105年の生涯に多くの人物画と静物画を残しましたが、どの作品にもすがすがしい生命の息吹と季節感が感じられます。
彼女はいつも日常の光景を描きました。好んで描いた花も、梅や椿、牡丹や桔梗といった野生の花ばかり。生き生きとした野の花と上品な花器の組み合わせは本当に素敵で、見ているとあたたかいものがじんわり身体に流れこんでくるようです。

夏休み 
2005.08.13.Sat / 14:36 
081000012ejpg.jpg10日は休暇で伊豆へ。
この日の海は湖のように静かで、水の中もクリア。たくさんの生き物を見てリフレッシュしました☆

写真は夕暮れの船着場。これから海へと繰り出します。
この日は、海岸6ヵ所から1時間に13,000発打ちあがるという按針祭海の花火大会。これはかなり感動。光の雨に、同じように海上で花火見物をしている何隻もの漁船がシルエットで浮かび上がります。移動中はビール片手に夜光虫や星空を眺め、ご満悦。

大満足!!

夜空に咲く花 
2005.08.12.Fri / 15:32 
080600012ejpg.jpg
土曜の夜は、浴衣を着て近所の河原に行きました。風弱く、湿度低く、空は晴れた、最高の花火日和。
涼しい夜気の中、一瞬で開いては結ぶ大輪の花。まぶしい閃光と迫力ある音が臨場感満点!堪能しました☆

でも疲れがたまってたのと、浴衣の腰紐をきつく結びすぎたせいで、花火が終わる頃には具合が悪くなり、つきあってくれた友人たちに迷惑かけてしまいました。来年は万全のコンディションで臨みます!
ウチに花束が届いた! 
2005.08.08.Mon / 14:13 
080700012ejpg.jpg 土曜の昼下がり、家にお花が届きました。
もしやこれは・・・紫のバラの人? 苦節○十年。あたしにも遂に固定ファンがついたか。。。
いや、いつも利用している通販会社からの贈り物でした。慎重に箱を開けてみると、中にはゴージャスな百合の花束!!
ウチにそんな立派なものを活ける花瓶などあるわけもなく、可憐な百合はほどなく一升瓶へ。薄い砂糖水に入れてあげたら、ものすごい勢いで花が開き始めました。
花のある生活って、贅沢。

ナイター 
2005.08.01.Mon / 17:50 
073000022ejpg.jpg土曜日はたまにフットサルをやります。
先週は小学校のグラウンドを借りて初のナイター。やはりこの季節に炎天下で走りまわるのは危険ですし。
今回は強力な助っ人が来たので、私のいたチームはリーグ戦でもト-ナメント戦でも優勝! ま、4チームだけなんですが。うまい人が多いので、みんなけっこう本気だしおもしろい。だけど休憩中にアルコールを補給するツワモノもいたりして、ハードなんだかゆるいんだかわかりません。とにかく自由気ままにできてとても楽しい☆
みんな汗だくで、何本もあったペットボトルはあっという間にカラ。失った水分は、その後冷えたビールで補給したことは言うまでもありません。

| BLOG TOP |

プロフィール

Shino

  • Author:Shino
  • 1976年生まれ ♀
    埼玉県在住
    都内勤務

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 アンテナ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。