本 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩の力を抜いて 
2005.08.14.Sun / 20:59 
超・誘拐入門  清水義範  1989

いつもつるんでいる鉄平と潤一の2人は、ひょんなことから知り合った中年紳士に誘われてある企てに加わることになりますが、とんでもないことにそれは誘拐の計画でした・・・。
サラリーマンの哀切と社会への風刺をさりげなく織りこんだ、ユーモア満載の痛快犯罪小説。漫才コンビのような主人公のかけあいの楽しさ、テンポのよさに、マンガ感覚でひと息に読んでしまえます。
スポンサーサイト
過去を背負う 
2005.07.17.Sun / 01:51 
terorisuto.jpg

テロリストのパラソル  藤原伊織  1995

よく練られたプロット、推敲された無駄のない文章、爽快な読後感。
どれをとってもけちのつけようがありません。
秘密の過去をもったアル中のバーテンと人間味の深いヤクザ。裏社会に生きる2人のやりとりが、粋で自然で気持ちがいい。黒幕と対峙するところはまるでドラマのワンシーンで、場面が目に浮かぶようです。
疾風 
2005.07.07.Thu / 13:34 
kogoerukiba.jpg
凍える牙  乃南アサ  1996

推理小説としても一級品ですが、丹念な心理描写で主人公がたいそう魅力的に演出され、人間ドラマとして楽しめる作品です。
嫌な男とコンビを組まされ、なめられまい、弱みを見せまいと必死に歯を食いしばる女性刑事の孤独な闘いが、圧倒的な共感を呼びます。
カッコイイおばあちゃん 
2005.07.05.Tue / 17:26 
daiyukai.jpg

大誘拐  天藤真 1978

30年近く前の作品なので、少し古めかしいと感じる言いまわしも出てきますが、ストーリーの斬新さは今だに色あせていません。軽妙な会話を織りまぜた話運びは読者の手を止めさせず、驚きに満ちた展開はこのうえなく爽快です。
また、人間味あふれる登場人物も、時代を超えて読みつがれる理由のひとつでしょう。陰惨な内容、不条理な動機、顔の見えてこない犯罪者など、陰湿さを増す現実の事件にうんざりしている方に。
岡村喜八監督の映画もおもしろいですよ。
光の箱 
2005.06.21.Tue / 11:24 
summergarden.jpg

夏の庭 -The friends- 湯本香樹実 1992

3人の少年と老人のひと夏の交流を、温かくユーモラスに描いたおはなし。
少年たちにもそれぞれ家庭の事情があり、思うようにいかない人生に苛立ちややりきれなさを感じ始めています。そんな語り手の少年のてらいのない言葉はときにハッとするほど鋭く、素直に共感できます。

プロフィール

Shino

  • Author:Shino
  • 1976年生まれ ♀
    埼玉県在住
    都内勤務

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

CopyRight 2006 アンテナ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。